最初のアパート経営は立地重視で予算を抑えた場所がおすすめ

リノベーションを施すことでどんどん入居者を埋めていきたい

アパート経営 | アパート経営の収入・年収はどれくらい?

老後の足しになればと、、不動産会社のセミナーリノベーションを施すことでどんどん入居者を埋めていきたい

非常に魅力的に見える物件でも現物が見られない場所にあるとどこにマイナス要素があるかをチェックする事ができませんので、自宅から通える範囲で魅力的な物件を物色することにしました。
やはりというか当然のことではありますが築年数の古い物件は大幅に値段が安くなっていました。
それと同時にリノベーションというものがあって、これはリフォームの一種で古い物件を新しく見せたり、カフェや西海岸ビーチなどテーマを持ってリフォームさせて新しく見せる事で入居者に選んで頂けるように工夫する大家さんがいらっしゃる事も知りました。
2軒目があるかはこの時点ではまだ分かりませんでしたが、最初はとりあえずリスクを抑えて安い物件で行こうと心に誓った事もあって、ボロ物件を中心に物色し、アパートを一棟丸々募集していた物件をリノベーションとセットで購入することにしました。
金額は6部屋で5000万円にも満たないですが首都圏にある物件です。
後で外観を見に行きましたが、中々趣があって雑草も結構生えそろっているような物件で入居者を呼ぶまで苦労が絶えないような物件でしたが、立地はよく、入居者もちょうど50%で前のオーナーも高齢で売却を考えていたとの事で、それを引き継ぐ事としました。
この時私の貯金は1000万円程度で全額一括で払えるわけではなかったので銀行に融資の相談に行きました。
幸いにして購入価格が5000万円、実際には印紙代とかもろもろでもう少し費用はかかりましたが購入価格の20%が頭金で用意でき、審査も無事通過し契約に至る事ができました。
数年前までは頭金が20%に満たなくてもマイナス金利などの影響で結構簡単に貸してくれていたのですが、最近は審査も厳しくなってきたとの事でちょうどよかったです。
その後リノベーション工事を実施して入居者を募集し、不動産屋さんの尽力もあり、今の時点で6部屋中5部屋が埋まっており、引き継いだ時に入居者さんがいた部屋も出られた際にリノベーションを施すことでどんどん入居者を埋めていきたいと思ってます。